フィンテックとブロックチェーン - フィンテック とは

フィンテック とは > フィンテックとブロックチェーン

フィンテックとブロックチェーン

フィンテックとはいろいろな金融サービスに対して使われるワードですが、その中でも最近急速に勢いを増してきているサービスがブロックチェーンです。
フィンテックにしてもブロックチェーンにしてもまだ名前が知られるようになって間もないので、どのような意味を指しているワードなのか分からない人も多いと思いますので、ここでは基本的な意味を説明していきます。

まずフィンテックとは冒頭でも少し触れましたが金融系の技術サービスのことを指しており、これにはいろいろなサービスがあげられます。
代表的なもので言えばインターネット上のオンライン決済があげられ、これはインターネットを利用するなら誰もが一度は使ったことがあるでしょう。

そしてブロックチェーンもフィンテックを利用したサービスのひとつで、これはビットコインの取引をする際に使われるサービスです。
ブロックチェーンはビットコインの決済や取引の履歴を記録する台帳として2009年に登場したサービスで、ブロックチェーンが登場したことによって低コストでの決済や取引が可能になりました。

通常株式などの取引でも株式を発行している側と株式を買う側の間に信託銀行や証券取引所が関わってきますが、ブロックチェーンが登場したことによってビットコインは当事者間で取引することができますから、その分手数料などがかかりません。
低コストでサービスが利用できることによってユーザーが増えるメリットもありますし、これからはブロックチェーンを利用した決済・取引がスタンダードになっていくでしょうしビットコイン以外の分野でも同じようなサービスが出てくるのではないでしょうか?