フィンテックの意味 - フィンテック とは

フィンテック とは > フィンテックの意味

フィンテックの意味

ビジネス系の話題になると必ず出てくるフィンテックというワードですが、フィンテックって何?と思っている人もまだまだ多いと思います。
そこでここではフィンテックとはどんな意味を持つワードなのか、また具体的にどのようなことに利用されているのかを紹介していきます。

まずはじめにフィンテックとは英語にすると(Fintech)となり、「金融(Finance)」と「テクノロジー(Technology)」を掛け合わせて作られた造語になります。
意味としては文字通り金融系の技術のことで、新しい金融系のサービスに対して使われることが多いワードです。

フィンテックの普及はすでにわれわれの生活においても浸透していて、たとえばインターネットでショッピングをする人のほとんどはオンライン決済をしたことがあると思いますが、このオンライン決済サービスもフィンテックのひとつなのです。
同じようにネットバンクと呼ばれるイ店舗の存在しないインターネット上の銀行などはフィンテック企業と呼ばれることもあって、こういった企業は今どんどん増えています。

インターネットはもはや私たちの生活に欠かせないものとなっていますし、ビジネスシーンではマーケットの主戦場となっているので、フィンテックを利用する機会も多いですからフィンテック企業の競争率も非常に高くなっています。
最近では仮想通貨を利用した取引も頻繁に行われるようになりましたが、これもフィンテックを利用したサービスのひとつですし、今後もっと便利なサービスを登場することも予想されていますから期待も大きいです。